【家庭によって選ぼう】賢く選ぼう!電力自由化を比較するには【Housing And Environment】

電力自由化

法律の改正で電力の小売が自由化されました。様々な会社が電力を発売できるようになることや、同じ電力会社であっても家庭に合わせたプランを選ぶことができるようになります。ここではその電力会社をどうやって選んだらいいのかまとめていきます。

電力自由化で電力会社を変えた人の口コミ

ちゃんと検討してよかった

電力自由化になって最初はちょっと面倒だし今まで通りでもいいやって思っていたんです。でもちゃんと検討したらうちにはこっちのプランが合うってわかって電気代が安くなりました!

電気代が高い家庭ほどおすすめ

うちは二世帯住宅なので電気代がすごく高かったんです。でも、5人以上の家族ならお得になるってプランを見つけて加入したら良かったです。

インターネットと同じ会社でお得

うちはインターネットを契約している会社と同じ会社で契約することにしました。一緒に契約すると割引があってお得でした。

電球と模型

利用状況に応じて契約

これまでは電力会社を自由に選ぶことができなかったのですが、電力自由化によって、サービス内容を比較しながら契約する電力会社を選ぶことができるようになりました。電力自由化によって、各社が価格競争を行うことになり、エンドユーザーの利用料金が安くなることが期待できるので、各社のサービスをしっかりと比較して選ぶことができるようになります。自分が契約している電力会社を見直して、サービス内容、料金等を比較しながら選べば、光熱費の負担を少なくすることができるようになります。料金設定は利用する時間帯やトータルの利用料などによってさまざまな設定がされているので、自分の利用状況と照らしてより安くなるサービスを見つけると電気料金負担が少なくなります。

家庭に利用状況で選ぶ

電力自由化によって、かなり沢山の会社から比較して契約先を選ばなければならなくなってしまい、エンドユーザーとしては適切な相手を選ぶことが求められるにようになってしまいました。契約する電力会社を選ぶ場合、まずは自分の家庭の電気の利用状況を確認してみることが重要です。夫婦共働きで子供がいない家庭であれば、日中の時間帯に電気をほとんど使用することが無く、休日に電気使用量が増えることになるでしょう。夜間に使用する電気の量も多くなる傾向にあるので、そういった家庭での利用状況で一番お得となるサービスを提供している電力会社を選ぶと良いです。

シミュレーションも大事

1人暮らしやDINKSの世帯などは、普段電気をたくさん使わない場合が多いので、定額料金がどの程度になっているかや基本料金が安くなっているかどうかを確認することが重要です。基本料金は電気を全く使用していない状態でも支払いが必要となってしまうので、できるだけ定額料金や基本料金が安いサービスを探すことができるところが電力自由化のよい所です。月々の使用量から、費用をシミュレーションして比較しながら契約先を探すとわかりやすいでしょう。